鍋奉行のあなたには炭水化物過多注意報が出ています

In Category痩せるサプリを飲もう
By果実

寒い時期の定番料理のひとつに鍋がありますが、このシメのおじやや、うどんってついつい食べ過ぎてしまいませんか?

ぐつぐつと煮込んだ鍋の具材からジワジワと染み出た美味しいエキスたっぷりなのですから美味しくて当前、箸も進むというものです。

白いんげん豆ダイエットで炭水化物に打ち勝つ!

鍋をつつく機会が増える時期だけに、いつにも増して炭水化物を摂り過ぎている気がする人、そのせいか既におなかまわりが緩んできたなんて人もいるかもしれません。

でもこの炭水化物の吸収を抑制してくれるサプリメントがあると聞くと、ちょっとホッとしますよね。

これは炭水化物に多く含まれているでんぷんの消化吸収を促進する酵素に働きかけるというもので、白いんげん豆から抽出された成分をメインとしたものです。

白いんげん豆ダイエットと言われているのはまさにこのサプリメントを飲んで、炭水化物の吸収の消化吸収を抑制しようというものなのです。

この成分、白いんげん豆そのものを食べても必要量を摂取することができません。

また、豆類には生のまま食べるとお腹をこわしてしまうようなある種の毒があるため(灰汁として出るもの)、加熱調理をしなければなりません。

この加熱時にくだんの成分がほとんど失われてしまうため、サプリメントで補うのが得策なのだそうです。

鍋のシメをお餅に変えてみるのもオススメ

ちなみにご飯でもうどんでもなく「鍋にはお餅」派の方もいるでしょう。

これ、実はダイエットには非常に効果があるのです。

もち米にはねばりけがあるのでうるち米(ご飯)より腹もちがよく、少量で満腹感を得やすいからなのだとか。

また市販の餅2個でもご飯1膳より低カロリーと言われているので、炭水化物吸収抑制サプリメントと並行して、お餅を食べるようにするのもいいでしょう。

冬は基礎代謝が落ちると思っていませんか?実際はその反対なんです

In Category痩せるサプリを飲もう
By果実

そもそも動物学的には気温の低下にともなって、本来、人間の体は基礎代謝が上がるようにできているのだそうです。

基礎代謝とは、一定程度の体温を保つためにエネルギーを消費することを差しますが、寒くなるとこの基礎代謝が自然とUPし、体温が下がらないよう働くのです。

ちなみに夏はその反対で、そもそも体が温かくなっているので、あまりエネルギーを消費しないですむということになります。

だとすると、本来ならば「寒い時期のほうが痩せやすい」という方程式が成り立ちそうなもの…。

でも実際は冬のほうが痩せにくいと体感している人も多く、そのため一般的に、冬は基礎代謝が落ちるという誤解が生じているように思います。

食べすぎに、怠け過ぎ。冬の体は太る気満々です

ではなぜ寒い時期に痩せにくくなるのでしょうか?

それは、気温の低下につれて上がった基礎代謝を上回るほどにたくさん食べているからに他なりません!

くわえて、なるべく不要な外出を避けたり、ほかの季節に比べると自然と動きが鈍くなったりと運動量も減りがちになるからなんです。

といっても、むしろ年間でもっとも街中が美味しいもので溢れかえる時期に粗食で済ませるなんて…できるはずありません。

体を芯から温めて、少しでも動く! 小さなことからコツコツと…

それならこの時期に太らないために何か方法はないのでしょうか。

答えはシンプルです。体温の低下を防ぎ、基礎代謝をさらに上げるよう努めればいいのです。

朝起きてすぐに飲むのはお水より白湯にする、冷たいソフトドリンクより温かなココアを飲む、生姜を意識的に料理に使う、鍋をつつくなど体を温める食べ物を摂るようにしてみましょう。

またゆっくりと湯船につかるのもいいですね。

ジョギングはしないまでも、オフィスのデスクの下でつま先を上げたり下げたり、時折伸びをしてストレッチ…そんな小さな心がけも有効です。

さらにそれらの効果を押し上げる意味で、やはり痩せるサプリメントを飲むことをオススメします。

体内の燃焼率をよりアップさせる成分を含んだものを摂るようにするのが、有効でしょう。

痩せるサプリメントがあれば心身共にヘルシーでいられます

In Category痩せるサプリを飲もう
By果実

こうして考えてみると、寒い時期に負けない、痩せる体づくりに欠かせないサプリメントはつまりは体質改善を導くものだということがわかりました。

溜めこむ体に渇を入れるサプリをセレクト

おさらいすると、以下のようなことを目的としたものだと言えそうです。

◆体を温める

◆体内の巡りと燃焼率をよくする

◆水分を溜めこまない、利尿作用がある

◆摂りすぎた塩分をカットする

◆炭水化物の消化吸収を抑制

◆食事に当座代用できるもの

自身の体質と相談しながら、適宜、必要な痩せるサプリメントを飲むようにし、体内バランスを取るようにしましょう。

実はサプリメント以外のダイエット活動をしている人にも効果があります

また、これらは常に運動をしている人や、既に食事の量を制限している人にも有効なんです。

気温が低下するこの時期に基礎代謝や燃焼率が落ち、非効率的な体になるのは誰もが同じ。

運動効率やダイエット効率もダウンしてしまいがちなんです。

ですから、運動や食事制限と並行して前述のような痩せるサプリメントを飲むことで、あらゆる作用をポジティブに働かせ、より痩せる結果に繋げるといいのではないでしょうか。

それにしても、食べずに痩せられる方法があるなんて以前までは考えられませんでした。

それもサプリメントという、人間の体の各機能に沿うような成分だけをぎゅっと詰めこんだ非常に繊細なものだというのがまた信頼に足ります。

痩せるサプリメントがあれば、心身ともにヘルシーでいられる―これこそが最も尊いこと

過酷なダイエットでは精神的にも疲弊してしまいます。

痩せなくてはという強迫観念に駆られるのもよくありません。

食べてしまっても「このサプリメントがあるから大丈夫」という具合に、大船に乗った気分でリラックスしていることも何よりの効き目を発揮するかもしれません。

心身ともにヘルシーでいることは体が正しく機能するのに不可欠だからです。

さあ、痩せるサプリメントを通じて、太りにくい体を手に入れ、華やかな季節をもっとエンジョイしましょう!

女性の敵、むくみは冬になると悪化します

In Category痩せるサプリを飲もう
By果実

寒くなると基礎代謝が落ちるように感じるということでは、もうひとつ、特に女性に多い悩みとして、むくみの問題が挙げられます。

むくみとはズバリ、体の水はけが悪い状態。

本来、血管やリンパを通って循環しているはずの水分ですが、それが血行不良などの理由によって滞りがちになると、血管やリンパから漏れ出し、細胞間質に溜まり、留まってしまうのです。

この血行不良の原因のひとつが冷えだと言われていて、気温や体温の低下によって筋肉の動きがこわばりがちになるためだそうです。

利尿作用を促してくれるカリウムを含んだサプリが有効

むくみ予防のため、またむくんでしまってからも、マッサージや温浴などで血行を促進したり、溜まった水分を流すケアはぜひ継続すべきですが、加えてサプリメントを飲むという策もあります。

むくみに有効なのはバナナやスイカ、キュウリなどに多く含まれる、カリウムです。

カリウムは利尿作用を促進、水分排出の手助けをしてくれるので、むくみ解消と謳った痩せるサプリメントにはほぼ含まれている成分です。ただこのカリウム、水分を逃がすと同時に

体内の熱も逃がしてしまうことがあるので、重ねてショウガなどの体を温める食べ物を摂ったり、あるいはハラマキやソックスなどを着けたりし、冷え対策をすることも忘れずに。

塩分の摂りすぎもむくみを招く! 体内バランスを整えるサプリメントが必携

また、外食が増える時期ではありますが、味の濃い食べ物や塩分の摂りすぎには十分注意しましょう。

塩辛いものを食べると喉が渇く…というのを思い出すとわかりやすいのですが、体内の塩分量が過多になると体は自然と水分を貯め込もうと働きます。

血管内の水分、塩分が増加すると、血圧が上がり、体液が血管から漏れ出してしまうことも。

これもむくみの原因になるそうです。

塩分と水分のバランスが保たれるよう、食事の内容に気をつけ、サプリメントでサポートするようにしましょう。

仕事に飲み会にといくら忙しくても朝食や昼食を抜いてしまうと太ります!

In Category痩せるサプリを飲もう
By果実

忘年会や新年会、会食など夜の予定が増えると、仕事を早く終わらせようと日中の慌ただしさが増し、つい朝食や昼食を抜いてしまうというのはこの時期、誰もが経験のあることでしょう。

食事を抜けば結果的に痩せられるように誤解してしまいがちですが、そうではない場合が多いという事実もそろそろ認知されてきていると思います。

食事抜きが脳に与える悪刺激

簡単にいえば、食事をする際に消費するはずのエネルギーが1食分消費されずに蓄積されてしまうということ。

また、その1食で体内に取り込まれるはずだったブドウ糖が不足し、これが脳にマイナスの刺激となって空腹感が増してしまいます。

そのために、間食をしてしまったり、残る2食の量を多く食べすぎてしまったりするわけです。

それなのに必要なエネルギーは消費されないので、気付けば太っていたという予想外の結果を招いてしまうというわけです。

ドリンクタイプのサプリメントを備えておけば憂いなし

それでも忙殺されるうちに、気付けば朝食も昼食も取らないうちにもう夕方…なんて事態に陥る日があるのは仕方がありません。

ただ、大事なのはその事態を見過ごしてしまわないようにすること。

少なくともこれを読んで以降は朝・昼食抜きは不測の事態ではなく、想定の範囲内の事態なわけですから備えておけばいいんです。

用意しておくべきは、いわゆる錠剤ではなくスムージーなどのドリンクタイプのサプリメント。

栄養価が高く低カロリーのものが豊富に揃っています。

ドリンクタイプなら、オフィスのデスクについたまま飲むことができるので時間も手間も取らずに重宝! 食事を丸々抜いてしまうのではなく、必要な栄養素を摂りながら空腹感を抑制。

これで「食べていないのに太ってしまった!」とショックを受けることもなくなりそうです。

噛んで飲んで即効性を得る!

粉末を水に溶かしてドリンクにするタイプに多い、少し時間を置くとドリンクにトロミが増すというタイプがあります。

これを選んで噛むように飲み干すとエネルギー消費率が僅かながらにアップするという噂も!

それに、これは置き換えダイエットと言って、いわゆるダイエットのひとつの方法でもあり、痩せられる可能性が非常に高いんです。

下手をするとカロリーオーバーしがちな普通の食事に代えて、栄養素摂取に配慮された低カロリードリンクを飲むわけですから。即日おなかがペッタンコになったという意見もあるぐらい即効性の高いメニューなので、そういう意味でも試す価値はありそうです。

外食続きで塩分過多になる日々にはキトサンが効きます

In Category痩せるサプリを飲もう
By果実

忘年会やクリスマス会、新年会などこれからは会食の席が増える時期でもあります。

外食が続く際の不安として、塩分の摂りすぎについて触れましたが、この塩分をカットしてくれるサプリメントも開発されているのでご紹介します。

塩分内の塩素だけを排出し、血圧の上昇を防ぎます

ここで特筆すべき成分はキトサンです。キトサンはカニやエビなどの甲羅から摂れる動物性の食物繊維で、コレステロールの排出を促す成分としても知られています。

それに加えて、実は塩分に含まれる塩素を吸着して排出もしてくれるのだとか!

キトサンはマイナス電荷を帯びている唯一の食物繊維で、ここにプラス電荷を帯びている塩素がくっつき、そのまま体外へと出ていくよう働きます。

この際、ほかのプラス電荷を帯びた食物繊維のように、有益なミネラルやビタミンまで吸着、排出してしまうということがありません。

キトサンはあくまで、有害な塩素だけを吸着するという独自の性質を持っているのです。

ですから味の濃い食べ物を食べすぎたなという日が続くなら、このキトサンを含むサプリメントを摂取するようにすると、血圧の上昇を抑えることができ、その結果として

むくみを事前に防いだり、あるいはむくみ太りの解消につながることになるのです。

甲殻類アレルギーの人はキノコやチーズで摂取して

ただ、カニやエビの甲羅から抽出されている成分ですので、これらにアレルギーのある方は控えた方がいいでしょう。

そのかわりに、キノコからこのキトサンを抽出したサプリメントがありますので参考にしてみてください。

あるいはチーズもキトサンを含んでいるよう。合わせて食べてみるのもいいかもしれませんね。